タイムレスなデザインは美しい!耕うん機&農ガールのプラモデルが案内開始です。




こんなカッコいいメカ、プラスチックモデルで欲しいでしょ!!
ということで、本日受注開始となりました
PLAMAX MF-21 minimum factory みのり with ホンダ耕耘機F90です。

これまで1/20のフィギュアをプラスチックモデルにしてきた
minimum factoryシリーズの新たなる展開は「メカ×女子」アイテム。
めっちゃ未来になデザインに見えるこのマシン、じつは50年以上昔の製品なんです。

1966年というのは日本の人口が1億人を突破し、ザ・ビートルズが来日し、
『巨人の星』の連載が始まった年。流麗なアウトラインとふたつのヘッドライトが印象的なこのマシンには、最大9馬力を発生する479ccの空冷4サイクルV型2気筒ディーゼルエンジンが搭載されています。前進8段/後進2段の速度調節と4段変速のロータリーによって耕起、畝立て、運搬など数多くの用途に対応した大型マシンでありながら、セルスターターやワンタッチでのロータリー脱着機構などを備え、女性にも簡単に扱える耕耘機界の革命児的存在でした。


▲ロータリー部の刃の形状やランダマイズされた間隔も忠実に再現!


農業が盛んな地方から男子が大量に都会へと出稼ぎに出る時代、
女子でも扱えるパワフルでカッコいい耕うん機が必要だ!という本田宗一郎氏が
自ら開発を命じたというのが痺れます。

デザインも四角四面ではなく、飛行機に憧れた本田宗一郎氏が
「耕うん機だってスマートなデザインであるべき」と設計マンに命じた……
というエピソードがホンダ社内でも伝説的に残っているんだとか。

まるで操縦桿のようなシフトレバーやロータリーの作動レバーなど
ユーザビリティーそっちのけなのでは!?と思ってしまうほど洗練されたデザイン。
レトロフューチャー感満載のその姿は、
今年の静岡ホビーショーに来場したみなさんも「これが50年前のスタイルなの!?」と
声を揃えて驚かれていました。


▲静岡ホビーショーでの実機展示



▲模型のサイズ感はこんな感じ。写真は塗装見本です。

本アイテムでは、山下しゅんや氏によるオリジナルキャラクター、「みのり」を同スケールで立体化。原型師は「ミリタリーQTy’S」でもおなじみの太刀川カニオ氏が担当し、はつらつとした「農ガール」の姿をminimum factoryシリーズならではの美しい造形で楽しむことができます。




さらにみのりちゃんは作業着のオーバーオールとタンクトップを選択して組立てることができちゃいます。かわいい!!!


▲どっちで組むか、悩んじゃいます


そしてそして、キャラクターデザイン担当の山下しゅんや氏こだわりの
2つのボーナスパーツも付属。


▲アルマイトやかん&麦茶ボトル(無論クリアーパーツで成形)です。

もちろん、F90、みのり共に既存のminimum factoryシリーズと同様、多色成形とデカールによって簡単に仕上げることができるキットとなっています。メカニクス+フィギュアの組み合わせで広がる新しい情景をぜひともお楽しみください。
確実ゲットのために、みなさまぜひとも予約を忘れないで下さいね!!

http://www.goodsmile.info/ja/products/6806

▲店頭用ポスター……は別のデザインになりましたとさ!

■商品名
PLAMAX MF-21 minimum factory みのり with ホンダ耕耘機F90
■メーカー
マックスファクトリー
■カテゴリー
プラスチックモデル , PLAMAX
■価格
3,980円 +税
■発売時期
2018/03
■仕様
ABS&PS組み立て式プラスチックモデル・1/20スケール・専用台座付属・瞳デカール付属・全高:みのり:全高約90mm、F90:全長約100mm
■原型制作
太刀川カニオ(みのり原型)
■発売元
マックスファクトリー
■販売元
グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。
©Shunya YAMASHITA

ワタルシリーズ待望の新作は『邪虎丸』だっ!



……失礼しました、パッケージのラフ画像が出てしまいました(熱盛のテンションで)。

こんばんはたかく上等兵です。
みなさんPLAMAXのワタルシリーズ作ってますか!?

▲はい、戦神丸

▲こちらが龍神丸

どちらもスタイリングに自信あり!なプラスチックモデルなので
まだだよ〜という方は組んでみてください。

んで!本日予約開始となりました新作、邪虎丸ですよ!!


▲ババーン

ワタルシリーズ3作目にして最大のボリュームを誇る邪虎丸、
原型担当の松宮にインタビューしたところ
「脚に引き出し式のL字型フレームを内蔵しました!」とのこと
これによりいままでの2体よりも足首の接地性が向上し
ビシっと開脚したかっこいいポーズがとれるようになっているんです!

▲タイガーソードとタイガーシールドもバッチリ再現。顔もかっこいいぞ!

さらに、肘にはボールジョイントを内蔵。
可動と組みやすさ(&塗装のしやすさ)を両立しております。

▲肘に注目!ぐにぐに曲がりそうな尻尾の造形もいい感じです(可動は根本だけ)

そしてもちろん、猛虎形態への変形も一部差し替えで再現!
これまたド迫力の完成度でございますよ。
チェンジ・タイガー!

▲その迫力はバースと掛布と岡田の三連続バックスクリーン本塁打レベル

胴体が前方に90度回転して猛虎形態になるというギミックですが、
どちらの形態でもかっこよくまとめつつ、ユニット内部がスカスカに見えない設計は
松宮(設計担当)本人も「オレ、天才だからね!」と自画自賛する会心の出来。
パッケージイラストは近日公開いたします……。

みなさん、今すぐに予約してくださいね!!

PLAMAX MS-03 邪虎丸

TVアニメ『魔神英雄伝ワタル』よりライバル虎王の操る虎型魔神「邪虎丸」の登場です。ショルダーアーマー、タイガーウィングなどボリューム感あふれるパーツで構成された迫力のシルエットを再現。また一部パーツの差し替えにより猛虎形態への変形を再現しました。
接着剤を使用しないスナップフィットモデル。
各関節にはポリキャップを使用。
タイガーソード、タイガーシールドが付属。
剣持ち手、開き手が付属。
一部カラーリングの再現にはホイルシールを採用。
一部パーツ差し替えで猛虎形態へ変形可能。

■価格
2,963円 +税
■発売時期
2018/01
■仕様
ABS&PS&PE組み立て式プラスチックモデル・ホイルシール付属・ノンスケール
全高:約80mm
■原型制作
マックスファクトリー(松宮誠一)
■撮影
スタジオR
■発売元
マックスファクトリー
■販売元
グッドスマイルカンパニー

©SUNRISE・R






伝説の歌姫、再び!

こんばんは、マックスファクトリー企画部、清水大将です。

今週は80年代ウィーク!!という訳で先日ご紹介の「minimum factory アルフィン」に続いて本日のご紹介はこちら!!

テレビアニメ『超時空要塞マクロス』より「minimum factory リン・ミンメイ チャイナドレスVer.」です!

日曜午後二時、でででででん!パパパパー、パー!と鳴り響くタイトルバック、エレベーターからせり上がってくるVF-1に号泣していた皆さんに送るリン・ミンメイ第二弾。
宇宙大戦を終結に導いた“伝説の歌姫”!の、デビュー前の姿になります。

minimum factoryはもう何度もご紹介していますがスケールが1/20、全高は約90mm。
手に持つとこんな感じです。

実際のサイズ感、そしてこのサイズとは思えない造形美がおわかりいただけるかと思います!

そしてコスチュームがチャイナドレスということで、この流麗な…
ライン!

ライン!

手のひらサイズにこのライン!
ぜひお手元で確認してください!!

こちらの「minimum factory リン・ミンメイ チャイナドレスVer.」は、本日より予約受付開始となっております!
基本、受注生産となりますので確実に手に入れたい方は是非ご予約を!!

また、今週末17日に東京国際フォーラムで行われます「超時空管弦楽コンサート」で、こちらの塗装サンプルの展示を予定しております。

超時空管弦楽HP

コンサートにおいでの方はぜひ展示ブースにお立ち寄り下さい。

それでは発売まで「MISS DJ」を聴きながらお待ち下さい!!




minimum factory 
リン・ミンメイ チャイナドレスVer.

・1/20スケール
・ABS&PS組み立て式プラスチックモデル
・全高:約90mm
・価格:2,963円(税抜)
・原型:なかやまん(マックスファクトリー)
・2018年1月発売予定

グッドスマイルカンパニー商品ページはこちら

©1982 ビックウエスト






夏の終わりに宇宙が熱い!

こんにちは、マックスファクトリー企画部、清水大将です!

今回は本日9月12日に案内開始となりましたminimum factoryシリーズの新作、劇場アニメ『クラッシャージョウ』より「アルフィン」のご紹介です。


パーン!パパパパーパーパー、パパパパーン!!

ファンファーレとともに始まるオープニング、フレームインしてくるミネルバ、ファイター1、ファイター2。そして採掘惑星に突入するファイター2のコクピットにカメラが寄って寄ってコクピット内でストップモーションからの

ALFIN

のクレジットで大体みなさん号泣してると思いますが、そのアルフィンがいよいよminimum factoryに登場です!

改めてminimum factoryシリーズの特徴をご紹介すると

①手のひらサイズの1/20スケール(全高約90mm)

②多色成形により素組みでもある程度のデザイン再現が可能

③難しい瞳の仕上げはデカール付属で簡単

要約すると誰でも簡単に作れるフィギュアキット、なのですが、そのお手軽さの中に凝縮されたこのディテールの数々を是非御覧ください!!
(こちらの画像は塗装したものになります)

アルフィンらしい躍動感あるポージング。
この肘、膝を「グッ」と入れてるあたりが非常に安彦ヒロインな感じです。

80年台を感じさせるスレンダーな後ろ姿が、流れる髪と相まって美しい!
ボリューミーかつ美しい流れの髪は4パーツで構成。
うまく髪のディテールラインに沿って分割されてるので接着面も自然なんです。


とにかく全高90mmとは思えないこの造形美!ぜひお手元に迎えていただきたいです!!


こちらのminimum factoryアルフィンは本日9月12日よりご予約受付開始!
基本的に受注生産になりますので、アルフィンをお手元に迎えたい方には予約が本当におすすめです!

そして更にクラッシャー情報!!

本日9月12日からなんと「イブニング」で新連載『クラッシャージョウ REBIRTH』がスタートしました!!こちらは高千穂遙氏の原作版コミカライズになりますが、只今連載記念として安彦良和氏イラストの壁紙を限定配信中です。併せてよろしくお願いいたします!!

イブニング 壁紙配信はこちらから

ここにきてにわかに盛り上がりを見せるクラッシャージョウ!!
この夏、宇宙が熱い!!


minimum factory アルフィン

・1/20スケール
・ABS&PS組み立て式プラスチックモデル
・全高:約90mm
・価格:2,963円(税抜)
・原型:智恵理(マックスファクトリー)
・2018年1月発売予定

グッドスマイルカンパニー商品ページはこちら

©高千穂&スタジオぬえ・サンライズ


コンバットアーマーミーティング 結果発表!!

こんにちは清水大将です!
本日はいよいよコンバットアーマーミーティング各賞の結果発表です!!
まず今回審査を担当しました審査員の皆さんをご紹介。

・天神英貴さん(COMBAT ARMORS MAXパッケージイラスト担当)
・やまだたかひろさん(COMBAT ARMORS MAX 設定デザイン担当)
・MAX渡辺
・サンライズ
・イエローサブマリン
・マックスファクトリー

まず各賞は審査員全員による得票で決まった金賞、銀賞、銅賞の三賞と各審査員がそれぞれ選定した特別賞の計9賞になります。

ではいよいよ発表です!皆さん準備はよろしいでしょうかっ!!

まずは審査員特別賞から!!


【イエローサブマリン賞】ふみてしさん/冬季迷彩
三色迷彩とベースのジオラマで世界観を表現しているところがインパクトになっていると感じました。
スケール的にパイロットの存在が大きいダグラムシリーズとして、肩に男らしくたっているフィギュアも「あぶないなぁ」と思いつつも素敵だと思いました。(イエローサブマリン)


【マックスファクトリー賞】なりさん/ソルティック H8RF コーチマSpl 2号機
コーチマSplのスタイルを損なうことなく、うまく増加装甲などのディテールを足していくことでで更にカッコよさが倍増していると思います。作品コメントにあったように楽しんで作っている感があふれていて、開発側としてすごくうれしくなった作品でした。(マックスファクトリー)


【サンライズ賞】えぬせさん/鉄の軍靴
とても丁寧で、堅実な作風に好感を覚えました。
コンバットアーマーらしさ、現実にある兵器らしさがカッコイイですね。
この雰囲気で他のCAも見てみたい!(サンライズ)


【MAX渡辺賞】宝美堂さん/サバロフ・ニコラエフ
オリジナルデザインを尊重しつつも、独自の解釈、感性を入れて組み上げられたフォルムがとても新鮮で面白い🎶流用パーツの使い方も上手くて、「こういう解像度の上げ方もあるのか」と良い刺激をいただきました🎶(MAX渡辺)


【やまだたかひろ賞】みつなりさん/ダグラム・デザートタイプ
広い意味で塗装も改造だと考えておりますので、好例な作品だと思います。
塗装のセンスや技術が素敵です。
当時の雰囲気も思い出し懐かしく感じました。
僕もトライしてみたいですっ!(やまだたかひろ)

【天神英貴賞】にーるさんさん/ラウンドフェイサー トレーナー
ラウンドフェイサートレーナー。渋い作品も多い中こちらを選定させていただきました。
教習用という伝統的な色使いですが、やはりこの色使いはグッと来ますね。黄色でも重機を感じさせる仕上げは、容易にその大きさや硬さや冷たさを認識することが出来ました。また肩防護版のグリップや足先のバンパーの質感にグッと来ます。何かトレーニング中であろう小物や教官があれば更に世界が広がりそうです。(天神英貴)

続いていよいよ総合得票から選定された三賞です!!


【銅賞】いそじマさん/改造ネイティブダンサー


【銀賞】MoKaMoNaさん/H8A2


そして栄えある金賞は!!


【金賞】joe joeさん/ブッシュマン


受賞の皆さん、おめでとうございます!!また今回賞に選ばれなかった皆さんの作品もすべて力作ぞろいで本当に素晴らしい作品ばかりでした、ありがとうございました!!
各審査員の皆さんからも今回のコンバットアーマーミーティング参加の皆さんにコメントをいただいてますのでご紹介します。

天神英貴さん
まずは皆様、ご応募本当にありがとうございます。それぞれ意欲的なスクラッチものもあればキットを丁寧に仕上げたものもあり、選定はとても楽しいものでした!どこに判断基準を置くかで、それぞれの評価もかなり変わってくると思います。また機会があれば、人間がもっと絡んだ作品も見てみたいですね。プラマックスさん是非よろしくお願いします!

やまだたかひろさん
半艶や艶消しのボディに光るキャノピーがコンバットアーマーの魅力だと再認識しました。ご応募してくださった皆様のおかげで、一堂に揃ったマックスファクトリーさんのダグラム プラモデルシリーズに感慨無量です。これからも楽しんでいただけると嬉しいです。

サンライズ
皆さんの熱い作例を堪能しました。
ありがとうございます!
1981年に放送された「太陽の牙ダグラム」 は、プラモデルと親和性の高いアニメーションです。
ぜひ一緒に楽しんでみてください。

イエローサブマリン
今回、ホビーショー等のイベントと重なったこともあり、作品数としてはやや少ないコンテストとなりましたが作品のクオリティーはとても高く、参加者それぞれのダグラム愛を感じるものばかりでした。
他のキャラクタープラモデル以上に主役機以外での参加割合が多く、またキレイなロボット?が全然なくて、様々な汚しテクニックが施されたものがほとんどでした。ダグラムの世界観全体がファンに親しまれていることを、コンテストを通して改めて実感いたしました。

MAX渡辺
PLAMAX コンバットアーマーMAXもラインナップが充実して来て、作れるシーンの幅もグイグイと広がってまいりました♪こじんまりと、だけど楽しいコンテストなミーティング♪お楽しみはコレから‼️
ですね♪

参加の皆さん、ありがとうございました!!
またぜひ第二回コンバットアーマーミーティングでお会いしましょう!!

コンバットアーマーミーティングの作品をみんなでホメよう!の回

こんにちは清水大将です!
本日はイエローサブマリン秋葉原本店☆ミントで開催されたCOMBAT ARMORS MAXだけの模型コンテスト「コンバットアーマーミーティング」の全作品をババンとご紹介!!

今回のコンテストはとにかくマックスファクトリーのダグラムシリーズをみんなで作ってみようというもの。劇中再現ありオリジナルカスタムありとバリエーション豊かな力作が集まりました!

ぜひ気に入った作品は#CAコンのハッシュタグ付きで褒めて下さい!
みんな幸せになれます!!
では全21作品をご紹介です!!


■なりさん/ソルティック H8RF コーチマSpl 2号機
「武器増し、装甲増しで楽しく作ることが出来ました。」


■みつなりさん/ダグラム・デザートタイプ
「タカラのキットの取説に載っていた大河原先生のオリジナルカラーを参考に。」


■ヤンマーさん/ヘイスティ
「チッピングが途中で力尽きた…。でも丁度いい塩梅になったかと。」


■あきらっちさん/Xネブラ対応ブロックヘッド
「特にありません。」


■Dolaさん/カラフルソルティック
「他の方とカラーが絶対かぶらない様な配色にしました。初めて色の源を使ってイメージ通りに仕上がりました。」


■かぼちゃ王子さん/ヤクト・ダグラム
「迷彩“塗装”は怖いです(苦笑)」


■えぬせさん/鉄の軍靴
「スケールモデル的記号を盛り込んでみました。戦後世代、頑張りました!!」


■MoKaMoNaさん/H8A2
「本キットはスタイルがいいため腹部で2ミリ幅つめして設定画のようなずんぐち体型に。ヘアスプレー剥がしをやりましたがウォッシングで効果が薄れました。」


■角田貴介さん/ダグラム
「フツーですいません。」


■川野輝道さん/2連装対空砲ザック装着タイプ ダグラム
「Max Factory
タカラ
コトブキヤ
の三社コラボです。」


■いそじマさん/改造ネイティブダンサー
「みんな大好きネイティブダンサーをちこっと改造しました!!」


■ふみてしさん/冬季迷彩
「3色迷彩後に白で冬季迷彩を。周囲はそれらしく雪の情景としました。」


■金色の獅子さん/アイアンフット ヘイスティ
「組む→バラす→ぬる→組むという工程が楽しいキットでした。アクリジョンのメタリックがきれいだったので使いました。」


■ゆーじーさん/アイアンフット ヘイスティ
「キットが良く出来ているので塗装が楽しかったです。合せ目消しをちょっと頑張りました。」


■シラトリさん/ヘイスティ
「ドストレートです。」


■にーるさんさん/朽ちたダグラム
「やっぱダグラムゆーたらこれでしょ。」


■にーるさんさん/ラウンドフェイサー トレーナー
「大河原カラーバリエーションより(ウソ)」


■宝美堂さん/サバロフ・ニコラエフ
「ブロックヘッドベースの1/48ニコラエフです。上半身はブロックヘッドのフレームを使ってヒコーキのパーツを組合わせて作っています。」


■joe joeさん/ブッシュマン
「ネイティブダンサーをやられ役に、ブッシュマンを作ってみました。マッケレル楽しみです。」


■裁鬼(さばき)さん/Tik-Tok GANG
「海外のイラストレーターGareth Davies氏の描いたロボットをモチーフにしました。楽しく作れました。」


■ごましおさん/おそうじ
「砂漠、山岳戦も行うと聞いたので、アルペンカモフラージュを意識した模ようにしてみました。戦闘していても時には整備を行うかなと思い“おそうじ”にしました。」


全21作品いかがでしたでしょうか?

明日の5/27にはいよいよ結果発表です!!是非お店に足を運んで見て下さい!
次回ブログでも結果の方は発表しますのでお楽しみに!!